男性が踏み止まる要因

結婚の前段階、恋愛の最終ステージ、いよいよプロポーズかという時期は、人によってさまざまです。 愛する女性を前にして、男性がプロポーズへと踏み切れずに思いとどまってしまう理由もまたそれぞれとなります。 よくあるケースとしては、結婚生活を上手くやっていけるかどうかが不安、結婚によって自分の生活が制限されてしまうことへの危惧、 安定した生活を送れる自信が無いといった理由です。

現在では女性も社会的に自立するのが一般的になっていますが、まだまだ男性が稼ぐ、 女性が家庭を守るというアナクロな考え方が根強く残っているものです。 この根強い文化は社会的な責任という形で男性にのしかかることになります。 もしもプロポーズをしたのなら、自分が責任を負ってお嫁さんを守らなければならない。この責任は重く、大きな圧力で、 男性はプロポーズを思いとどまってしまうことへとつながっています。

最近では「結婚は人生の墓場だ」などという言葉が生まれるほど、結婚に伴う責任は疑問視されるようになりました。 結婚をして幸福になるはずが、周囲の人からは結婚生活が苦痛だという話を聞かされる、 そのためプロポーズへと踏み切れないという男性も多くなってきているのです。